安全な野菜づくりのカルチャースクール

本格的に学びたい人を対象とした、農業栽培研修型貸し農園(農園スクール+貸し農園)

農業体験型農園とは?

市民農園のような単なる区画貸し農園ではなく、農家が種・苗・肥料の材料を準備して、農作業のノウハウも合わせて公開する農園です。

野菜の作付け計画から種苗の品種の選択、供給を農家が行い、入園者に講習会(4〜5月、9月〜10月中心毎週末に有り)に参加してもらい、農家指導のもと、手作り有機肥料の作成も含め入園者に野菜の植え付け、管理、収穫を行ってもらう農園です。初心者でも十分な野菜の収穫が期待できます。

 

※ 毎週最低1回は通える方、通年しっかり通える方が対象です。

1. 栽培方法・肥料のこだわり

当農園では、無農薬・有機栽培にこだわり、日本ハーブ協会インストラクターの方の指導のもと本格的なコンパニオンプランツの導入や、科学的な農薬や肥料、動物性堆肥(糞・尿)を一切使わずに、野菜の育て方を基礎から学んでいきます。

 

2. 種へのこだわり

F1の種を極力使わず、主に自家採取した種や特殊な種屋さんで販売されている貴重な伝統野菜(在来種)の種を使用しながら、1年間を通じて約50種類以上の野菜を作ります。

 

3.水へのこだわり

基本的に畑自体に保水力があるためあまり水遣りは行いませんが、植え付け時に使う水は、塩素分のある水道水ではなく、当農園で用意してある雨水に炭を入れ浄化した水をできるだけ利用していただいております。

 

 


※ 7年前より無肥料、無農薬の自然農法エリアを増設いたしました。2年目より利用可能です。

 

 

※ 当農園では、安全・安心のために畑の土壌・作物の放射能測定を定期的に行っております。

年間スケジュール

2019年

4月〜5月

講義集中期間・交流会
6月〜7月 秋冬野菜苗づくり
8月 有機肥料づくり
9月〜10月 講義集中期間・交流会

2020年

2月

各区画の撤収作業
3月

畑の土壌メンテナンス

春夏野菜苗づくり・有機肥料造り

区画貸し費用(税別)

・10坪(30㎡):12,600円/月(4人まで入園可、固定年間費用 151,200円)

(いずれも、種苗費、肥料費、農具・資材レンタル費、指導料含む。ご入会時一括払いとなります。)

ロッカーフィー 年間10,000円・保証金10,000円

 

★区画別の自分の畑で作業することができ、複数でのご利用もできるため、お仲間やご家族での参加もできるプログラムです。